絵姿女房

出雲国(島根県)に調介という大百姓がいた。ある日友人の家を訪れた調介がその家の床の間にある掛け軸に目が止まった。
調介の視線を読んだ友人は顔をほころばせて「ああ、その掛け軸かい。実は最近都へ上った時にある人から譲り受けたんだ。なかなかいいだろう」と誇らしげに話した。
近寄ってその掛け軸を見ると、なんとも美しい女の絵が描かれている。調介は友人の事など忘れたかのように、うっとりと掛け軸の女に魅入ったまま呟いた。「まるで生きているようだ」
白い肌、ふっくりとした頬から肩にかけての線の優美さ、そして笑み。見れば見るほど心を奪われ魅せられてしまった。
「もし、生きている女であったら…俺は家も田畑も財宝も全て投げ打ってもいい」
そう言う調介はもう尋常ではなかった。
その時、友人が「生きている女にする方法がある」
「え…?」と振り向いた調介に友人が「誰の目にも触れない密室で絵に《真々》と呼びかける。これを100日間昼夜怠りなく続けるのさ。100日経つと絵はお前の言葉に反応する。その時に8年の古酒を絵の顔に注ぐ。そうすれば女が掛け軸から出てくるって話さ、まさかかどうか、お前さんやってみるかい?」

それからというもの調介は熱心に100日続けた。その時「私をお呼びになるのは…あなた様ですか?」と絵が話した。そこで用意していた8年の古酒を絵に注いだ。
すると絵はむくむくと起き上がり、生きた女となって調介の前に現れた。感極まり涙を浮かべる調介は深々と頭を下げ女を迎えた。
数年の時が経ち、調介は女を妻としてついてには一子をもうけた。
友人には数々の財宝をお礼として送り恩義を尽くした。本当に恐ろしいほどの幸せの毎日であった。

ある日、疎遠にしていた従弟の進兵衛という男が調介を訪れた。積る話に花が咲き、つと出てきた妻と子の姿に進兵衛は「いつどこからもらったんですか?水臭いなあ教えないなんて」と言い、調介は最初の方は照れて黙っていたがあまりしつこく訊くので、ついに事の顛末を小声で話してしまった。
進兵衛は「それは妖術だ。騙されちゃいけません。その女を生かしておくと災いが起こる。俺が今持っている希代の名刀をお貸ししますからあの女を殺すんです」
調介は仰天して進兵衛の顔を見たが無下にもできず刀を受け取った。そして幾日かが経った。

突然妻が「私は南方に住まいする仙人である。たまたまお前に招かれ年月を契ってまいったが進兵衛の言葉にお前は私を疑った。このうえはもうここへは留まるわけにはいかない」と口調も変わり表情も変わりカッと口を大きく開けたかと思うと、かつて調介が降り注いだ酒を全て吐き出し子供を抱いたまま空中に消えた。
追っても後悔してもすでに妻子は戻ってはこない。せめての慰みにと調介は蔵にしまいこんでいた掛け軸を取り出した。
懐かしい絵姿を忍ぼうと掛け軸を広げるとそこにはあの妻の姿があるではないか。しかもその小脇には子供をしっかとかき抱いている。
いくら調介が目を凝らして右に左に傾けてもそれはもう物言わぬ絵であった。

湯治場の美女

摂津国(兵庫県)に伝左衛門という男がいた。この男は腰痛持ちでそれが悪化したため有馬へ湯治へ出た。

湯煙越しに見える景色に満足し、伝左衛門は大きく息をついた。時間が早いせいか誰もいなかった。ゆったりと四肢を伸ばし身体中手ぬぐいで拭き清めていた。
そんな時である。「もし…」と、か細い声が聞こえた。男ばかりの露天風呂に女の声などするわけがない、きっと聞き違いだろうと手拭を絞って頭に乗せた。
するとまた「もし…」と声がする。恐る恐る振り返ると「わたくしも、湯に入れて下さりませ」と一糸まとわぬ妙齢の女が恥ずかしげに伏し目がちにこちらを見ている。
伝左衛門は鼻息も荒く「これはこれは、早く湯へ、風邪を引いてしまうさ」と女を湯へ招き入れた。
話す事もなく伝左衛門はちらちらと女を盗み見た。歳は25か26くらい。目鼻立ちも涼しげで、肌に弾いた湯が玉のようにのっている。
その時女が「もしよろしければ、お背中の垢をかいてさしあげましょう」と話しかけてきた。勿論断る理由など無い。「これはかたじけない。では遠慮なく」と背中を向けた。
「では」と女のひんやりとした手が伝左衛門の背中に触れる。瞬間、伝左衛門は身震いした。
そして上に下に、右に左にと心地よい強さで伝左衛門の背中を掻きはじめた。あまりにも気持ちがいいので伝左衛門はついとろとろと居眠りをしてしまった。
どれくらい経ったのだろう。伝左衛門が目覚めた時にはすでに日は暮れていた。女はどうしたのだろうと伝左衛門が振り返ろうとした時、妙な感覚が背中に走った。
あれ?と背中に手を回すとゴツゴツと固いものがあたる。触りなれた自分の背中ではない。なおも確かめつつ触っていくうち、「あっ!」と気付いた伝左衛門。立ち上がり大きく身体をひねり、月明かりの中水面に映る自分の背中を見た。
その背中には肉が全くなかった!!
まるで猫が貪り食った魚の骨のように背骨が丸出しになり、ところどころに赤い肉がこびりついていた。
あれから何時も経った今ではもう遅い。男湯に女が一人で入るはずもない。
妙な下心を持ったために肉を削られてしまった伝左衛門はいつまでもそこで呆けていた。

恐怖のツーリング

ある日の夜、男がバイクを走らせていた。後ろには恋人を乗せていた。
本当は宿泊するホテルにもう着いてもいい時刻だったので、男は少し焦っていた。対向車もなく山をくだる道は空いていた。
男は腰に強くまかれた恋人の腕の感触を確認しながらどんどんスピードをあげていった。
前方に大きな右カーブがあった。男はスピードをおとさず身体ごとバイクを傾けてカーブに入った。
スピードが速すぎたためかバイクは大きく左端へ流れていく。その時突然折れ曲がった標識が目の前に現れ「危ねえ、危ねえ」と少しスピードを落としカーブを曲がり切った。腰には恋人の腕がしっかり巻き付いている。
そして再びスピードを上げて5分後やっと麓のホテルに着き、男はバイクを止めた。そしてヘルメットを取りながら後ろの恋人に「さあ、降りな」と声をかけた。
ところが彼女の腕は動かない。「おいおい、手を離せよ」
そういって男が手を振りほどくとドサリと音が聞こえた。恐る恐る振り返ると地面には首のない血まみれの恋人が横たわっていた。
そう、彼女の首はヘルメットをかぶったまま、男が危うくかわした標識にぶつかり首だけ跳ね飛ばされていた。

ゲームに残るもの

ゲームのプログラマーの中では有名な話のようだ。それはレースゲームで次々新作も出ており外国の車の発表会で使われたこともある。
しかし、その最新作が発売中止になったことがあり、それには理由があった。

そのゲームの人気なところはリアリティであり、レース場は公道なので何年もかけて実際の場所へ行き、ビデオやデジカメで風景を撮影したり、その風景がバックミラーやフロントガラスに映る風景まで徹底して撮影するというものなので臨場感は抜群だった。
その後のデータのチェックは何か月にも至るという。いわゆるバグチェックというものだ。
あるヨーロッパの小道をコースに設定した時最終チェックをしたプログラマー達が次々と交通事故を起こすことがあった。
その社長が心配して病院を訪ねていくとどのプログラマーも「あのゲームはもうやめましょう」という。社長は励ますのだが誰も首を縦にはふらなかった。その会社は小さな会社だったので最終チェックができる優秀なプログラマーはそういない。そして仕方なく社長が最終チェックをしていた。
社長は良い出来だと思いつつ、少しのバグをチェックして明日修正しないとと思い戸締りをして地下駐車場へ向かった。買ったばかりの真赤なスーパーカーに乗りエンジンをふかして帰途へついた。しかし、よほど疲れていたのか赤信号で停止中にウトウトとしてしまった。後続車にクラクションを鳴らされ気付きスタートさせた。
その時社長はおかしなことに気付いた。車の周りが白い靄に包まれていてさっきクラクションを鳴らした後続車もいない。慎重に運転しながらも数十分後には靄も晴れてきた。
辺りを見回すと「ここは…」
そこは家へと続く道ではなくさっきまでチェックしていたゲームのヨーロッパの小道だった。
社長は急いでブレーキを踏むのだが効かない。逆に速度は上がる一方でハンドル操作も大きくふられる。
そうしながら20分も過ぎた頃突然目の前に女の顔がいきなり現れた。慌ててハンドルを切る社長。
車はスピンしながら道路脇の木に激突して大怪我をしてしまった。社長はやっとの思いで車から這い出すと目の前の風景を見た。
「古城だ…」 続きを読む

ついてきた兵隊さん

Yさんは大学の卒業旅行で南の島へ行くことになった。メンバーは全員女ばっかりで4人。みんな初めて行く島だったので、初日は有名な観光地を回り、夕方にはホテルで綺麗な夕焼けを見ながらのんびりしていた。
その時、友達の一人が「明日は戦争の跡地を巡るツアーに行かない?」
迷ったけれど行くことにした。
その島は昔、日本が戦争をした島だった。Yさん達は昔の人がここでどんな思いで戦い、死んでいったかを知っておきたいと思ったそうだ。
ツアーに参加したYさん達は、たくさんの命の犠牲があって今自分たちは平和なっ国に生きているのだと実感したそうだ。充実した時間を過ごして日本へ帰国した。
日本の空港の到着ロビーに着いたとき、小さな男の子に声をかけられた。
「お姉ちゃんたち、なんでおじさんたちをおぶってるの?」
「えっ?」
「おじさんたち、みんな同じ格好してる。兵隊さんなの?」
Yさんは後ろを振り返ったが友達が荷物のカートを押しながら歩いているだけで、勿論誰も兵隊をおぶってはいなかった。
もしかしたら、Yさん達は日本に戻りたかった兵隊さん達の霊を南の島から連れて帰ってきたのかもしれない。