猫の転生

  • LINEで送る

大坂の北に大運という禅僧がいた。日頃飼っていた猫が寛文10(1670)年9月22日に犬に食い殺されてしまった。
僧は不憫に思い「お前は畜生だから成仏は難しい。獣の中の第一は虎であるから今度は虎に生まれ変われよ」と葬った。

それから13年が経って同月同日の禅僧の夢にその猫が現れ「お示しにより、私は虎に生まれ変わりました」と告げたという。

 

[参考文献:新著聞集]

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*