丹波亀山城主の松平伊賀守殿が、ある晩ご仏殿を御覧になると、スッポンが食い散らかされていた。調べてみると狐の仕業である事が判明した。
「いかに畜生だからといって御代々のご位牌の前で、このような事をするとは堪忍できぬ。明日は狐狩りをする」と怒った。
その夜、殿の居間の前に物音がするので奇妙に思い戸を開けてみると仲間の狐が一匹の狐を葛で縛り、その葛を口にくわえていた。
殿は「よく連れてきた。その狐はお前たちに与える」と言うと二匹の狐はその場で縛っていた狐を食い殺してしまった。

 

[参考文献:新著聞集]