泣く生首

  • LINEで送る

京都のある学僧が師匠から関東へ行くように命ぜられた。その学僧には密かに愛し合っていた恋人がいた。しかし離れてしまうためその恋人に別れを告げた。しかしなかなか承知してくれなかった。
関東へ行く日、夜に一緒に都から出てきた。とうとう夜明けになった。
「夜が明ければ僧と若い娘の2人連れは目立つのでここで帰ってください」
すると娘は懐から匕首を抜出し、学僧の手に握らせて「この匕首で私の首を斬り、せめて首だけでも連れて行ってください」娘は初めから死ぬ覚悟でついてきた来たのである。
その純粋な気持ちに学僧は娘の願いどおり首を持って関東へ行った。

関東へ行くと仏教の学問所と知られたある寮の一室を与えられた。それから3年が過ぎ飛脚が学僧に母親の危篤を知らせる手紙を届けた。学僧は急いで都へ戻った。
その1か月ほどの事。学僧の寮の一室から女のすすり泣きの声が聞こえた。周りの僧たちが女の人が混じっているとあっては一大事だという事でその学僧の部屋へ押し入った。女の姿はなかったが確かにこの部屋から女のすすり泣きの声がする。どうやら学僧が持ってきた笈(現在のカバンみたいなもの)の中のようだ。
まさかと思いつつも中をあらためてみるとそこには女の生首が納まっていた。髪も艶々としており肌も艶やかな若い女の首が頬を涙で濡らしていた。僧たちが茫然と見ている中、その生首は灰色に朽ちて干からびてしまった。
後日、僧たちは都へ戻った学僧が急病で亡くなったことを知った。思えばその日は娘の生首が泣いた日と同じであった。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*