鐘の音

  • LINEで送る

浅野正恭という者が静岡にいた時、久能山の下を通り宿まで行っていると途中に持仏堂があり、そこからカンカンと鐘の音が聞こえてきた。ふと覗いていると20歳くらいの青い顔して頸へ白い布きれを巻いた青年がいて、その人が鳴らしていた。浅野は何やら気味が悪いと思い急いで宿へ行き宿の亭主へ聞いてみた。
それにはこんな因縁話があった。
持仏堂の青年は村の者で大病に罹り医師も難儀していたが、そこの下女が寝食を忘れて看護した為病気が癒った。
青年の母親は下女が親身に倅の世話をしてくれたので青年の病気が治りかけた頃「倅の病気が全快したらお前を嫁にする」と言った。下女は大変喜び青年が全快するのを楽しみにしていた。
しかし、全快すると青年は他から嫁をもらった。下女は悔しくてたまらず、いよいよ明日が結婚式という前夜に井戸に身を投げて死んだが、それを隠して青年は婚礼を行った。三々九度の盃をしていると1mぐらいの蛇がどこからかやってきて青年の首に巻き付いた。大騒ぎとなり蛇を捕って捨てたが、捨てても捨ててもやってくるので、その結婚は破談となった。
青年は下女の怨恨を解くために蛇の上に白い布きれを巻いて、持仏堂へ入って行ったという。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*