実体験

【実話】四○ホテル

あれはもう15年ほど前であっただろうか。当時付き合ってた彼は神奈川で筆者は大阪で、いわゆる遠距離恋愛だった。その彼はずっと神奈川にいたわけではなく大学は京都の大学だったため関西で暮らしていたという。
卒業してからも妹さんが結婚されるまでは京都にいたという。お母さん一人になってしまうので神奈川へ帰ってしまった。筆者が出会った時はもう神奈川で暮らしていた頃だった。
京都に長く住んでいただけあって色んな場所へ連れて行ってもらった。

タイトルは一応伏せてはあるが京都と聞けば、なんとなくおわかりかと思う。ここはいわゆるそういうホテル。
昔からあるホテルのようでタッチパネルでもなく、受付の人の顔まで見えて鍵を渡してくれる。たいそうお年を召したおばあさんだったが本当に100歳は近いんじゃないか?と思われるようなおばあさんだった。
そこで鍵をもらってから部屋まで行った。当時彼も私もシフト制の仕事だったので平日だった。
する事も終わって(笑)筆者が先にシャワーを浴びた。出てから彼がシャワーを浴びていた。筆者は暇だったので今では懐かしい「笑っていいとも」を見ていた。テレビのある位置は窓際だが勿論嵌め殺しのため窓は開かない。ちなみにそこは5階。ベランダなどない。テレビを観ていると向こう側の窓に髪の長い黒い服を着た女性がスーっと通った。
(ああ、そういうのがでるとこなんやね)なんて納得しながらまたテレビを観ていると今度は部屋の中に同じように黒い服を着た男性が風呂場へ入っていった。まだ彼はシャワー中。
シャワーから出てきても彼は何も言わなかったので(気づいてなかったのか)と安心していた。

その後円山公園で甘酒を飲んでいた。寒い日だったのでとても美味しかった。
すると彼が「さっきのとこな、俺がシャワー浴びてたら黒い人が入ってきてんけど…」
「うん、入っていったもん。こっちでは外に黒い服着た女の人が外通ってたしなあ」
「なんで言うてくれへんねーん」と言われたが彼は本当にビビりなのであの時点で言ったところで「ギャーギャー」うるさかったであろうから言わなくてよかったと思っている(笑)

【実話】赤いもの

筆者が高校時代に体験した不思議な事である。あまり怖くはないかもしれないが…。

筆者は軽音部に入っており毎日帰りは19時くらいに学校を出ていた。練習は早く終わるのだが同じバンドのメンバーとのお喋りに夢中になってしまい毎日遅かった。
いつもなら途中まで一緒に帰るメンバーの女の子が一人いるのだが、その日は一人で帰った。理由は忘れてしまった。
一応学校で決められた通学路がある。いつもの友人がいてれば通学路を通るとその分話せるのでそっちを通るのだが今日は一人だと思い近道をすることにした。その近道は車がやっと一台通れるほどの細い道で右側は住宅が建っているのだが左側は墓地となっていた。
あまりそういう事は気にしない性質なので近道となるその道へ自転車をこいでいた。
墓地に差しかかるにつれ「なにあれ?」というのが墓地の入り口に目についた。そこは街灯もなく自転車のライトのみでしか見えない道路である。それなのに墓地の入り口に人の頭ほどある赤く発光したものが転がっていた。
初めはそういうボールなのかもしれないと思ったのだが、見ていると風もないのに墓地の入り口をコロコロと往復しだし、ずっと発光していたのがチカチカと瞬くようになってきた。
「見なかったことにしよう」と筆者は駆け抜けることにした。その後特に何もない。

【実話】祖母の亡くなった日

父方の祖母が亡くなったのは、今から20数年前だったろうか。
筆者の親戚たちは父方母方ともに仲が悪い。
祖母が亡くなった時も父及び筆者も死に目には会えなかった。
施設側は長男の家に連絡していた(父は次男)とは思うがそういう事になると逃げる人達だった。
実の親でありながら。。。つい脱線しまった。

当時まだ父母も現役で働いていたので、夜に行った。
祖母の遺体はもう長男の家に運ばれていたが、長男達はきちんと連れて行ってないだろうからと施設へ行って「おばあちゃん、家へ帰ろう。もう家に帰っていいねんて」と当てもなくベッドや使ってた車いすに話しかけ(周りから見たら結構変だったとは思う 苦笑)車に乗った。
筆者の家は全員、人の魂を信じているので出来た事で、長男夫婦はこれからの遺産相続でほくほくだったのである(祖父は既に他界)現に祖母の耳元で「早よ死にないな(早く死になよ)」と囁いた長男である。その長男も今は他界しているが。

車には父が運転して助手席に母、後ろの助手席左に筆者、右側には父の一番上の姉が乗っていた。
すると筆者の右側の腕と叔母さんの左側の腕が痛い。じーんと痺れるように誰か乗っているように痛かった。
「やっぱりおばあちゃん、あそこにおってんなあ」と思って可哀想になってきたけども、しかし痛い。
祖母は百姓をしていて身体のデカい人だっただけに痛かった(笑)

やっと長男宅に着いた途端、何事もなかったように痛みはなくなった。
おかえりおばあちゃん、さようなら。

…といいつつここで祖母に怒られている筆者であった。笑

【実体験】おばあちゃんに叱られる【ほっこり】

もう15年ほど前、寝る前になると筆者は何故か般若心経を覚えているか気になって、布団の中に入って心の中で唱えていた。
しばらく経つと人の気配や夢うつつの中で、幽霊がする三角の白い布を頭にまいて白い着物を着たスゴイ形相の女性がきたり、玄関の扉がガチャガチャいったり、いったいなんだろう?と考えていた。
その当時、ハイツの2階に住んでいて鉄板の階段を昇るので、必ず鉄板の音がしなければおかしい。

怖いというよりはなぜそういうのが来るのか不思議で仕方なかった。
その後も半月ほどその状態は続き、筆者は相変わらず寝る時は般若心経を唱えて寝ていた。

ある日、夢の中で父方の祖母が出てきた。父方は真言宗なので筆者は小さなころ祖母に般若心経を教わった。
その祖母が「寝ながら有難いお経を唱えるからそんな変なものがくるんじゃ」と怒られてしまった。
目が覚めて「ああ、なるほどね~」と納得した筆者はその日から普通に練る事にした。

後日、父親にこういう事があったと話すと「ワシは子供の頃に寝ながら唱えてて、おかあちゃんに怒られた事がある」と言った。
多分祖母は、「親子2代に渡って!」と怒っていた事だろう(笑)

【目撃談】UFO出現【不思議な話】

筆者の目撃談である。でも筆者のみならずクラスの女子や他の子も目撃している。
詳しく書いていこう。

平成元(1989)年6月30日、その日は午前中に体育があった。
更衣室は校庭の端を通って行っていた。その頃にはもう何人かが「何あれ?」と言っており、筆者も友達と見てみると丸い銀色のものがクルクル旋回しながら飛んでいた。
今の時代なら「ドローン?」なんて言葉でおわるのであろうが、平成元年である。
バブルがはじけたぐらいの約30年前である。そんなものはない時代。

筆者は身体を動かすのは禁止だったので体育はいつも見学していた。
クラスの友人からは「見といてや~」と言われずっとソレを見ていた。
相変わらずクルクル横に旋回していて窓らしきものもあった。
筆者がずっと見ていても先生に怒られなかったので見ていたのだが、授業が始まって20分ほどしてふと目を離した隙に消えてしまった。

今はもう統廃合されてしまって無い高校での出来事である。