美味しいトンカツ屋

ある青年がK県へ行ったときの事。空腹だったので一軒のトンカツ屋に入った。夫婦でやってるらしく店は小さく古びた店だった。
奥の座敷は住居になってるようで子供がテレビを観ている姿がチラリと見える。
夫も妻も無愛想で顔色が悪かった。他に客はいなかった。こんな店だがトンカツを食べてみるとものすごく美味い。あっという間に平らげてしまい青年は満足した。
会計を済ませた帰り際、店主が「来年も、またどうぞ」と言った。
変わった挨拶もあるもんだなと思ったがトンカツが美味しかったのでまた機会があったら寄ろうと店を後にした。

それから1年後。また青年はK県へやってきた。あのトンカツ屋に行ってみることにした。
しかし探せども店は見つからない。住所も合ってるし、近所の風景もそのままだし…(もしかしてこの1年の間で閉店してしまったのだろうか?)

仕方ないので、近所の人に聞いてみた。すると老人が「ああ、あの店ね。あそこは11年前に火事で全焼してね。家族3人とも、皆焼け死んでしまったよ…」
え?去年入ったし、トンカツも食べたのに…と青年が戸惑っていると老人は話を続けた。
「毎年、火事で店が全焼した日、つまり家族の命日だけその店が開店する…という話がある。入った客もいるようだ。もしかしてあんたも去年入った?」

「来年も、またどうぞ」という店主の変わった挨拶は来年の命日にも来て下さいという事だったのか。
そういえば、奥でテレビを観てた子供の首が無かった気がする…」

 

[参考文献:ガチで怖い話]

正当防衛

ある男性が親戚の葬式の為、田舎へ帰った。そこで検事をやっている叔父さんと久々に会った。
通夜の席で二人で酒を飲みながら話しているといつの間にか叔父さんが今まで関わった事のある事件の話になった。叔父さんが話したのはこういう話。

広島のある個人経営の商店の店主が夜半に目が覚めると物音がする。(なんだろ?)と思った店主は廊下に出てみると全身黒づくめで小さな能面を被った「何か」に出会った。驚いた店主は廊下にあったゴルフクラブを持ってその能面の「何か」をめった打ちにし、階段から突き落とした。
その「何か」の正体は能面を被った空き巣で殴打による頭蓋骨陥没骨折、そして階段から転げ落ちたことで頸椎を折って死亡した。
店主は不法侵入に対する正当防衛が認められ無罪となった。店主いわく「悪霊かと思った」

叔父さんに「丸腰の相手を凶器で一方的に殺害しても正当防衛でとおるものなの?」と聞くと「場合によるが通る」
その後叔父さんの続けた言葉は「そもそも不法侵入に対する正当防衛は、法的に幽霊や化け物の存在を暗黙のうちに前提としている」

 

[参考文献:ガチで怖い話]

反抗期

Tさんが高校の頃。当時反抗期で家族全員が邪魔な感じだった。
母はいつもおせっかいでうるさく、しつこい。弟も弟でウザい。父は普段何も言わないが母がいると厳しくなる。そんな家にだんだん嫌気がさしてきた。
学校から帰っても母が「おかえりなさい、ご飯できてるわよ」と言ってくれても「いらねーよ」と言って自分の部屋にこもった。イライラしすぎて食欲もわかないほどだったという。ベッドに入り一人憂鬱な気分を持て余していた。
そして寝ようとした時Tさんの部屋のドアが開いた。何故か家族全員いてしかもTさんを見ていかにもな作り笑いをしてニヤニヤしている。Tさんは(俺の眠りまで妨げるつもりか!)と激怒し母が話しかけたのだが「ウゼーんだよ!お前らの顔なんて見たくもないから早くドアを閉めろ!」とついついキレてしまった。家族は悲しそうな顔をして出て行った。そしてTさんは眠りについた。

翌日朝、家族の顔は見たくなかったが食べないわけにはいかないのでしぶしぶ居間へ行った。母は台所で朝食の準備、父は新聞を読んでいる、弟はテレビを観ている。
Tさんは母に「メシは?」と聞くと母は振り返った。Tさんは言葉をなくしてしまう。なぜなら母の顔がツルツルののっぺらぼう。「もう少しでできるわ」と返答されたがTさんは叫んだ。それに驚いた父と弟も声をかけてきたが二人ともやはりのっぺらぼう。
怖くなってTさんは外へ出た。街行く人は普通なのになんでだ?Tさんは恐怖に蝕まれそのうち考え方も(殺らなきゃ殺られる)とだんだん黒く染まってきた。そう思った時Tさんの手にはいつの間にか出刃包丁があった。
決心して家へ入った。まず父の後ろに立った。その時弟が「お兄ちゃん、何持ってるの?」
焦ったとたんTさんは父を滅多切りにした。父はのっぺらぼうのまま背中から大量の血を流し死んだ。続いて弟もグチャグチャに殺した。弟は少し足をじたばたさせて、それから息絶えた。

そしてTさんは一番憎たらしい母がいる台所へ向かった。母は背中を向けて何か作っていた。Tさんは憎しみを込めて母の背中をグサリと刺した。母は声をあげずに震えながらゆっくり振り向いた。
(…え?のっぺらぼうじゃない…母の顔だ)
母は苦しそうにしてTさんにただ一言「ごめん…ね…」と残して息絶えた。台所には大きなケーキが一つ。真ん中のプレートには「たんじょうび おめでとう」と書いてあった。

急いで父たちの所へ戻った。父も弟ものっぺらぼうではなく何が起こったのかわからない表情のまま悲しそうに口から血を流して死んでいた。「うあああああああ」Tさんは泣き崩れた。(俺はただ一つの大事な家族を俺の手でなくしてしまった)
Tさんは頭を抱え顔を手で覆い泣いた。本当はみんなこんなに俺の事を思ってくれてたんじゃないか。

そこで目が覚めた。泣いていた。急いで居間へ行ったらいつも通り家族全員そろっていた。
それから反抗期も去り家族を嫌う事はなくなったが、2年後母は急に発作で亡くなってしまった。その日は偶然にもTさんの誕生日だった。そして母が死ぬ直前まで作っていたケーキを父が見せてくれた。それはあの夢で見たものとおなじ「たんじょうび おめでとう」と書かれたプレートがあった。

 

[参考文献:ガチで怖い話]

友チョコ

ある女性のお姉さんの話である。お姉さんは仮にMさんとしておこう。そのMさんは現在結婚されて仕事を辞められているのだが仕事をしているとき、とても仲の良いYさんという明るくて綺麗で誰にでも好かれるタイプの女性だったらしい。

ある年の2月MさんとYさんは一緒にバレンタインのチョコの買い出しへ行った。Mさんには当時彼氏(現在の旦那さん)がいてその人の本命チョコと会社で配る義理チョコをいくつか買った。
するとYさんの義理チョコの中に一つだけ義理とは思えないほど高価なチョコがあった。Mさんは「あれ?Yちゃん、それ本命のチョコ?」と聞くとYさんはうなずいて「まだ付き合ってはないけどこのチョコを渡すとき告白する」と言うのでMさんは応援したらYさんはとても嬉しそうだったという。

2月14日。Mさんは彼氏にチョコを渡し、同僚に義理チョコを渡した。Mさんの職場では男女関わらずお世話になった人との間でもチョコのやり取りがあってMさんはYさんにもチョコをあげた。
するとYさんもMさんへチョコを渡した。一緒に買いに行ったからどんなのかお互い判ってて大笑いした。でも気持ちだからと二人はチョコの交換をした。
仕事に戻りMさんはキャビネットを整理してYさんの机の上につい足をぶつけてしまい、そのはずみでYさんが机の上に置きっぱなしにしてたチョコの箱がその下にあった水の入った掃除用のバケツに入ってしまった。
Mさんは(あ、しまった)と思ったが自分も同じチョコを持っているのを思い出し代わりに自分のために買ったチョコをYさんの机に置いた。

翌日、Mさんが会社へ行くとYさんが「あれ?チョコ食べなかったの?」と聞いたきた。Mさんはおかしなこと聞くなあと不思議に思っていた。自分がチョコを取り換えた事はYさんには言ってないけどもしかして知ってるのかなと思ったがそうでもないようで、今さら取り換えた事を告白する勇気はなかったのでMさんは「昨日は帰ってすぐ寝たから今日食べる事にするよ」と言った。

翌日Mさんはいつも通り出勤した。すると先に出勤していた同僚に「昨夜Yさん、亡くなったらしいよ」と聞かされた。自宅で亡くなっていたところを母親に発見されたそうだ。そして遺書はなかったのだがどうやら自殺だったとのことで服毒死だったそうだ。Mさんはたいそう落ち込んだ。

それから1年後Mさんは結婚し子供もできて親友を失った悲しみも和らいできた。ところがまた最近になって憂鬱な青ざめた表情をしている事がおおくなったので妹さんは心配して問いただしたところ、Mさんはようやく語ってくれた。

Yさんが亡くなってから1年後のバレンタインにMさんが旦那さんにチョコを渡そうとすると旦那さんが辛そうに語ったそうだ。それはYさんが亡くなる前彼女に告白されたのだと。
Yさんは「親友の彼だと思って我慢してたけど辛くて辛くてもうダメ。このままじゃ自殺するかMを殺すかどちらかしてしまいそう」だと。彼は驚いたがなんとかYさんを納得させようとしたそうだ。
Yさんの自殺の原因はMさんと旦那さんにあったのである。妹は慰める言葉もなく黙っていたところMさんは「自殺だったらまだいいんだけど…」と言う。
思い出してしまうのはバレンタインの翌日「チョコ食べなかったの?」というYさんの言葉。自殺にしては遺書もない突然の死。そしてあの日取り替えたチョコの箱。
あの日Mさんが取り替えなければ今頃は…。

 

[参考文献:ガチで怖い話]

イボの花

Aさんの母方の伯父さんの話である。

「イボの花」というのがあるらしい。それは身体に出来たイボに裂け目が出来てそれが花が咲いたように見えるというとこから名付けられたという。昔はそれが急にできると身内に不幸がおこると言われていたようだ。
その伯父さんが小学生の頃右手の二の腕に大きなイボが出来た。すぐにそれが真ん中から十字型に割れた。それを見て伯父さんの祖母はたいそう心配したらしいが伯父さんは気にもしなかった。
しかしその3日後、祖母が心不全で亡くなった。伯父さんもビックリして両親に話したが「そもそもおばあさんは心臓が悪かったから仕方ない」という言葉で終わった。

しばらくそのイボができることはなかったが、ある8月の暑い日伯父が朝起きると腕や顔のいたるところ全身にイボができていた。痛みはなかったのだが皮膚のゴワゴワした手触りが嫌で両親に泣きついた。両親も驚いて町医者い来てもらうと「何かのかぶれだろう」という事で薬をもらって学校を休みその日はずっと安静に寝ていた。
その頃Aさんの母はまだ生まれてなかったので家には伯父さん一人だった。

伯父さんは布団の中で物凄い恐怖感に襲われた。(もし花が咲いたら、全部に花が咲いたら)と。そう思った瞬間目の前が真っ白になった。それは錯覚ではなかった。その後屋根が崩れてきて伯父さんは「ああこれか」と一瞬思ったらしい。そこからの記憶がなかったらしいが救出されたときは火傷と擦り傷で全身血まみれだったそうだ。イボの花を咲かせて。

1945年8月6日の広島での出来事だったとのことである。
伯父さんは生前Aさんに背中や腹にできたイボの跡を見せてもらったとのことだがそれは無数にあったらしい。

 

[参考文献:ガチで怖い話]