妖怪

化け物に骨をぬかれし人の事

  京都の七条河原(古代は死体遺棄地であり、のちに庶民の墓地となった)に化け物が出ると言い伝えられていた。
若い男どもが、金を賭けて一人で夜中にその墓所へ行って紙を杭に打ち付けて帰ってこようとした。
その時、80歳ぐらいで白髪で顔は白くやつれていたが、背は2mほどあり眼は手のひらに一つあり、前歯二つをむき出してこの男を目がけて追いかけてくる。
男は、肝をぬかして近所の寺へ逃げ込み「助けて下さい」と僧に頼んだ。
僧は長持(※1)を開けその中へ男を入れた。そのうちその化け物が寺へ追いかけてきて、つくづくと見まわしその長持のところで犬の骨をかじって食べる音がしたけれども、僧もあまりの怖さに屈んで見ておられず、しばらくして化け物も帰ったことであろうとそれならばと長持を出して蓋を開ければ男は骨を抜かれ、皮だけになっていたという。

※1 衣類や調度などを入れる蓋のある長方形の箱。大体2.6mほど
[参考文献:諸国百物語]

海和尚

海坊主の一種だが、頭に毛はなく大きなものは1.5~1.8mほどもあり、身体はスッポンで顔は人面という。
漁師がこれを見ると不吉といわれており、魚網も役に立たない。
まれにこれを捕まえて殺そうとする時は両手を組んで涙を流しながら助けを乞う。
そこで「その代り、今後私の漁に害を起こしてはいけないよ」というと西に向かって天を仰ぐという。これは「承知した」という事で、そこで放してやる。
「和尚魚」ともいう

[参考文献:斉諧俗談]

【妖怪】家鳴り

日本各地に伝承される身近な妖怪である。家や家具が理由もなく揺れだすという、いわゆるポルターガイストである。
西洋では「ラップ現象」とも言われている。

江戸時代、但馬国(兵庫県北部)で浪人たちが肝試しをした。
近所では幽霊屋敷といわれているところだ。現代の人達もよくしている廃墟巡りのようなものだったのかもしれない。

彼らは泊り込んでいたら夜更けに突然、家全体が揺れだした。地震かと思い、外へ出てみたが揺れているのは家のみであった。
この怪異が翌日も怒ったので、僧に頼んで一緒に泊まってもらう事となった。
そして家は再び揺れ始める。僧は畳を見つめ激しく揺れてる場所に小刀を突き立てるとピタリと止まった。

翌朝、床下を調べると墓標があり、その墓標には「刃熊青眼霊位」と書いてありその「眼」の部分から血が出ていた。
近所の人に聞いたところ、その近辺で荒らしまわっていた熊をこの家に住んでいた男が殺し、たたりを鎮めるために墓標を立てたとのことであった。しかし熊の霊は強く彼を殺してしまって現在も数々の怪異をおこしていたということだった