子供

絵姿女房

出雲国(島根県)に調介という大百姓がいた。ある日友人の家を訪れた調介がその家の床の間にある掛け軸に目が止まった。
調介の視線を読んだ友人は顔をほころばせて「ああ、その掛け軸かい。実は最近都へ上った時にある人から譲り受けたんだ。なかなかいいだろう」と誇らしげに話した。
近寄ってその掛け軸を見ると、なんとも美しい女の絵が描かれている。調介は友人の事など忘れたかのように、うっとりと掛け軸の女に魅入ったまま呟いた。「まるで生きているようだ」
白い肌、ふっくりとした頬から肩にかけての線の優美さ、そして笑み。見れば見るほど心を奪われ魅せられてしまった。
「もし、生きている女であったら…俺は家も田畑も財宝も全て投げ打ってもいい」
そう言う調介はもう尋常ではなかった。
その時、友人が「生きている女にする方法がある」
「え…?」と振り向いた調介に友人が「誰の目にも触れない密室で絵に《真々》と呼びかける。これを100日間昼夜怠りなく続けるのさ。100日経つと絵はお前の言葉に反応する。その時に8年の古酒を絵の顔に注ぐ。そうすれば女が掛け軸から出てくるって話さ、まさかかどうか、お前さんやってみるかい?」

それからというもの調介は熱心に100日続けた。その時「私をお呼びになるのは…あなた様ですか?」と絵が話した。そこで用意していた8年の古酒を絵に注いだ。
すると絵はむくむくと起き上がり、生きた女となって調介の前に現れた。感極まり涙を浮かべる調介は深々と頭を下げ女を迎えた。
数年の時が経ち、調介は女を妻としてついてには一子をもうけた。
友人には数々の財宝をお礼として送り恩義を尽くした。本当に恐ろしいほどの幸せの毎日であった。

ある日、疎遠にしていた従弟の進兵衛という男が調介を訪れた。積る話に花が咲き、つと出てきた妻と子の姿に進兵衛は「いつどこからもらったんですか?水臭いなあ教えないなんて」と言い、調介は最初の方は照れて黙っていたがあまりしつこく訊くので、ついに事の顛末を小声で話してしまった。
進兵衛は「それは妖術だ。騙されちゃいけません。その女を生かしておくと災いが起こる。俺が今持っている希代の名刀をお貸ししますからあの女を殺すんです」
調介は仰天して進兵衛の顔を見たが無下にもできず刀を受け取った。そして幾日かが経った。

突然妻が「私は南方に住まいする仙人である。たまたまお前に招かれ年月を契ってまいったが進兵衛の言葉にお前は私を疑った。このうえはもうここへは留まるわけにはいかない」と口調も変わり表情も変わりカッと口を大きく開けたかと思うと、かつて調介が降り注いだ酒を全て吐き出し子供を抱いたまま空中に消えた。
追っても後悔してもすでに妻子は戻ってはこない。せめての慰みにと調介は蔵にしまいこんでいた掛け軸を取り出した。
懐かしい絵姿を忍ぼうと掛け軸を広げるとそこにはあの妻の姿があるではないか。しかもその小脇には子供をしっかとかき抱いている。
いくら調介が目を凝らして右に左に傾けてもそれはもう物言わぬ絵であった。

赤いクレヨン

ある夫婦が中古の一軒家を購入した。
ある日、妻が廊下に落ちている赤いクレヨンを見つけた。夫婦には子供がいなかったため、(前の住人の忘れ物かな)とごみ箱に捨てた。ところが、毎日毎日赤いクレヨンはそこに落ちていた。
夫婦は疑問に思いその辺りを調べると、そこには外から見るともう一つの部屋がある事を発見した。だが、中からはそこは壁であった。
そこの壁を叩くと周りとは違う音がする。そこで壁紙を剥がしてみるとそこには釘を打たれたもう一つの部屋があった。何とかしてそこをこじ開けてみた。するとそこにはびっしりと赤い文字で
「おとうさんおかあさんごめんなさいここからだしておとうさんおかあさんここからだしてごめんなさいごめんなさいおとうさんおかあさんここからだしてごめんなさいごめんなさいおとうさんおかあさんここからだしてごめんなさい…」

 

鼠の恩返し

寛文6(1666)年の頃、江戸の香具屋九郎左衛門の家で鼠が余りに増えたので、仕掛けをして鼠を捕え家来の者に「殺せ」と命じた。
しかし、家来は可哀想だと思い逃がしてやった。
その晩の事、夢の中に子供が一人出てきたと思ったら「夕方に命を助けていただきかたじけなく存じます。どうぞお酒をお一つ召しあがりなされ」と勧められ、金魚を肴として出したのを食べるところで目が覚めた。するとなにやら口の中に何かがある。
吐き出してみると金子一分である。それからというもの九郎左衛門の家では鼠を殺さなくなったという。

賭けをして我が子の首を斬られた事

 紀州のある里に侍が5~6人集まり、夜ばなし(※1)のついでに「この里から半里(2km)ばかり行った山際に祠があるだろう。その祠の前に川があるが、たまに死体が流れてくる。この際誰でもいいから、この川へ今から行って死人の指を切ってきた者には、刀をやるよ」と賭け事になったので、誰の行かないとは言う者がなかった。
その中に欲は深いが臆病者が「俺が行く」と引き受けて、自分の家へ一旦帰った。
そして女房に「自分は今、こんな賭けをしたのだけども胸がドキドキしてなかなか行けない」と言い出した。女房は「もう約束を変える事はできないんでしょ?私が行って指を切って帰ってくるから、あなたは家で留守番しておいて」と2つになる子供を背中に負い、その場所へ行った。
この川の前に森があってその祠の前に着き橋の下に降りてみたら、女の死骸があったので懐から脇差を出して指を2本切って懐に入れて森の間を抜けていたところ、上からしわがれた声で「足元を見てみろ、足元をみろ」と言う。怖ろしく思いながらも小さい包があった。取り上げてみたところ、重いもので「なるほど、これは仏神の自分を憐れんで、くれたきっと良いものだ」と思ってそのまま帰った。
男は女房が帰るのを待ち構えていて夜具を着て震えていたら、屋根の上から人2人ばかりの足音を鳴らして「お前は賭けをしたところへ行ってはないではないか」と言われる。それが誰かわからず恐ろしくて竦んでいた。
そこへ女房が帰ってきて男はてっきり化け物が中に入ろうとしていると目を回していた。女房は「私よ、どうしたの?」と言葉を聞いて男は喜んだ。
女房は懐から指を取り出して男に渡した。「嬉しい事があったのよ」と帰り際の包を男に言いながら開けてみれば、背中に負っていたはずの我が子の首があった。「これはどうしたことだ?!」と泣き叫んで急いで自分の子供を見ると遺骸となっていた。
女房はこの有り様を見て嘆き悲しんだが、もうどうしようもない。
けれども欲の深い男は、女房が取ってきた指を持って侍どもから刀を取ったとのことである。

※1 夜話、大体怪談話になる