戦時中

イボの花

Aさんの母方の伯父さんの話である。

「イボの花」というのがあるらしい。それは身体に出来たイボに裂け目が出来てそれが花が咲いたように見えるというとこから名付けられたという。昔はそれが急にできると身内に不幸がおこると言われていたようだ。
その伯父さんが小学生の頃右手の二の腕に大きなイボが出来た。すぐにそれが真ん中から十字型に割れた。それを見て伯父さんの祖母はたいそう心配したらしいが伯父さんは気にもしなかった。
しかしその3日後、祖母が心不全で亡くなった。伯父さんもビックリして両親に話したが「そもそもおばあさんは心臓が悪かったから仕方ない」という言葉で終わった。

しばらくそのイボができることはなかったが、ある8月の暑い日伯父が朝起きると腕や顔のいたるところ全身にイボができていた。痛みはなかったのだが皮膚のゴワゴワした手触りが嫌で両親に泣きついた。両親も驚いて町医者い来てもらうと「何かのかぶれだろう」という事で薬をもらって学校を休みその日はずっと安静に寝ていた。
その頃Aさんの母はまだ生まれてなかったので家には伯父さん一人だった。

伯父さんは布団の中で物凄い恐怖感に襲われた。(もし花が咲いたら、全部に花が咲いたら)と。そう思った瞬間目の前が真っ白になった。それは錯覚ではなかった。その後屋根が崩れてきて伯父さんは「ああこれか」と一瞬思ったらしい。そこからの記憶がなかったらしいが救出されたときは火傷と擦り傷で全身血まみれだったそうだ。イボの花を咲かせて。

1945年8月6日の広島での出来事だったとのことである。
伯父さんは生前Aさんに背中や腹にできたイボの跡を見せてもらったとのことだがそれは無数にあったらしい。

青い目の人形

ある学校で真夜中になると校舎の2階から「ママー、ママー」と悲しげな泣き声と小さな足音が聞こえる事があった。その話を聞いた一人の教師が下宿先のおばあさんにその話をすると、彼女はその話に心当たりがあった。
放課後、生徒たちが皆帰った後におばあさんと教師とが学校に入るとおばあさんは迷うことなく2階の裁縫教室へ向かった。そして「ずっと昔に天井裏にあるものを隠した」と話してくれた。教師がおばあさんの言うとおり天井裏へ入ってみると、そこには新聞紙に包まれた青い目の西洋人形があった。
おばあさんによるとその裁縫教室は彼女が子供のころに授業を受けていた教室だったという。しかし戦争が起こった時に天井裏にこの人形を隠したのだという。この人形はかつて戦前にアメリカら友好の証として送られた人形だった。
だが戦争によって反米思想が高まるとどこの学校でも、この人形を壊し、燃やし、捨てると指示されたものだった。しかし、おばあさんはこの人形が可哀想で盗み出して天井裏に隠したとの事であった。
おばあさんはやっと会えたその人形を抱きしめた。それ以来その人形が泣く事はなくなった。今はその学校の図書館に大切に飾られているという。

実際「青い目の人形」とは1927年3月3日にアメリカから親善目的で1万体以上送られたという。第二次世界大戦によって多くは処分されてしまったが、この話のようにかろうじて隠し通された人形が各地の学校や幼稚園に飾られている。