武士

幼児の義死

田中筑後守殿の家中の子供が寄りあい、穴一(地面に穴を掘り、およそ1mはなれた線外から銭を投げ穴に入ったものを所得する遊戯)をしていた。その時争いとなり15歳になる者が7歳の者の頭を張った。
7歳の子は「幼いからといって武士の顔を張るということがあるか」と言葉で言い返した。その後、4~5日経ったある日、15歳の子が遊んでいたのを7歳の子が走り寄って、一打ちに切り殺してしまった。
7歳の子は自宅に帰り、両親にこういうことがあったと告げた。親はひどく驚き相手の方に謝罪をしに行った。ところが15歳の子の親は我が子の不覚を悔やむだけでなく、「ウチには男子はおりません。この子を貰って跡継ぎにしたい」と熱心に言った。
7歳の子はその事を聞き届け「私を養子にしようというのは喜ばしい事ですが、善きにつけ悪しきにつけ実子の事を思い出さないということはないでしょう。ただ武士の義理で言っているのでありましょう。そうであるなら人を討って生きてはおれない」といい、自害したという。

 

[参考文献:新著聞集]

武士の親子

どうしてそのような身になったのか、両国橋で物乞いをしている浪人が4~5歳の子を連れて往来で援助を願っていた。

ある日、往来する人の情けをもらえることがなく子供は空腹になりしきりに泣き続けた。親も不憫に思い辻にいた餅売りに「朝から一銭も恵んでもらえず食べ物も買えない。この子が空腹なので嘆いている。餅を戴けたらすぐにお返しするので一つ商いの餅をいただけないか?」と頼んだ。
餅売りは「わしも今朝から商いになっていないので、駄目だ」と拒否されてしまった。子供はますます泣き叫んだ。
そこへ雪駄を直すものが有りあわせの銭を少々差しだし、「とてもお困りのご様子、これで立て替えてください」と申し出てくれた。武士は「かたじけない」と厚く礼を述べ餅を買って子供に与えた。往来の者に無心して、その者へお金を返した後、子を橋の上から川中へ投げ入れ、自分も続いて入水して死んでしまったという。

 

[参考文献:耳嚢]